トトロの絵を4歳の娘が書くとこうなる!親も練習!

トトロは大人にも子供にも大人気ですよね。

 

子供のころにトトロをよく見ていた人が、次第に大人になって自分の子供と一緒にトトロを見るというのはとても不思議な感覚ではありますが、なんとも嬉しいことですね。

 

トトロを見たあとは、子供は必ずトトロの絵を書きたがります。

 

トトロの絵って、簡単に書けると思っていたのですが、それが意外と難しいみたいで、トトロの映画の中でメイちゃんが書いていたトトロの絵よりも正直ひどい絵になっていましたよ。

 

と言いながらトトロの絵を私自身が書いてみても、子供と同じレベルだったことに驚愕!

 

あらためて自分の絵心の無さを痛感しました。

 

トトロの絵を書くポイントは、まず、目と鼻の位置を最初に決めてしまったほうが良さそうです。

 

目と鼻と口のバランスが整ったら、そこから輪郭を描いていきます。

 

輪郭はトトロの絵の中でとても重要なポイントになりますので、慎重に描きましょう。

 

なるべく大きめの輪郭を丸い感じでフワッとした絵を描くことで、トトロの絵にやさしい印象がうまれます。

 

トトロの顔の部分が書けたら、体も書いていきましょう。

 

体の絵を描くときには、顔の大きさと体の大きさのバランスがとても大切で、ほとんどの場合、顔だけ大きくて、体が小さいということが多いので体は大きめに書くことがポイントです。

 

トトロの絵は、手とか足は小さいパーツなので、それほど練習しなくてもすぐに絵がかかるようになります。

 

ですから、顔と体の絵が上手に書けるように練習してみましょう。

 

4歳の娘に負けないように。笑

スポンサーリンク

関連ページ

娘がピアノでトトロのさんぽに挑戦!親も楽譜を見て特訓!
4歳の娘がピアノを初めたので、トトロのさんぽを弾けるようになればいいなと想う今日この頃です。楽譜の見方は親も勉強しないとですね!